トップページ >  > 秋の美白ケアはシミやくすみの改善を実感しやすい!?

秋の美白ケアはシミやくすみの改善を実感しやすい!?

秋冬はシミやくすみ改善の絶好のチャンス!

紫外線といえば夏。

ということで夏に一番美白も頑張らないと!と思っている方も多いんですが実際はそんなことはありません。というのも、夏は紫外線が多いのでせっかくメラニン生成を抑制する美白ケアを行っても、それ以上に次から次へとメラニンが生成されてしまうので、美白効果はそれほど実感できないからです。

むしろ、美白化粧品によってメラニンの生成が抑えられることで紫外線に対する抵抗力が弱まり、逆に刺激を受けやすくなって美白にとってはマイナスの影響しか与えないということもありえるため夏の美白ケアはちょっと注意が必要なんです。

そのため夏は紫外線対策を徹底することが一番でとにかくダメージを防ぎ、肌老化の原因をつくらせないということに集中したほうがいいです。そして夏を乗り切って紫外線が弱くなってきてからシミ・くすみを改善するための本格的な美白ケアをスタートさせたほうが美白効果はより実感できるんですね。

ということで秋の美白のポイントですが、その前に秋肌の状態をチェックしてみましょう。秋はシミ・くすみを改善するには最適な季節ではありますが、夏の間の「紫外線」「高温多湿の気候」「エアコンによる乾燥」のダメージが現れる時期でもあるので、それらもまとめてケアする必要があります。

要チェック 化粧のノリが悪い
要チェック 今までなかったシミができてしまった
要チェック 肌色が悪くなった、くすみが気になる
要チェック 肌がゴワゴワする、硬くなった
要チェック 毛穴がなんだか目立ちだした気がする


こうした症状が見られる方に共通するのは夏の間にうけたダメージの影響で、肌のターンオーバーが乱れて、肌の新陳代謝がうまくいっていないということ。シミやくすみでいうと夏の間に作られたメラニンがうまく排出されなくなっているので肌に残り、シミや顔色の悪さにつながっているわけです。

そのため夏のダメージが残る秋肌には、まずは、肌のターンオーバーを正常に戻し、肌のコンディションを整える必要があります。そのために必要なのが保湿です。気温が下がるとともに気になってくる乾燥もまた肌トラブルを進行させてしまうのでまずは保湿を優先したスキンケアを行いましょう。

それからピーリングです。古い角質を取り除くことで肌の新陳代謝を促進します。

今年できたばかりの薄いシミやくすみ程度なら美白化粧品を使わなくても肌のターンオーバーを整えてメラニンをスムースに排出できるようにするだけでも改善できますし、ピーリング後の肌は美白有効成分の浸透がよくなるということもあるので秋の美白ケアにはピーリングは非常に効果的です。ぜひ、取り入れてみてください。

最後に美白成分をたっぷり肌に供給するための美白化粧品ですが、これは選び方に少しポイントがあります。今の肌の状態とあなたの美白の目的にあわせて選ぶべき美白化粧品が違ってくるからです。たとえば

・今年の夏はシミができなかったけど夏のダメージは受けているだろうという肌
→アルプチン・コウジ酸・エラグ酸・トラネキサム酸などの美白成分でシミ予防を。

・小さなシミができてしまった(泣)
→ビタミンC誘導体・ハイドロキノンなどの美白成分でシミを薄くするケアを。

要するに現在の肌のシミの状態にあわせてシミ予防をするか?それともできてしまったシミを薄くするケアをするか?で選ぶ美白化粧品が変わってくるということです。 「今年の秋美白は自分にとってどちらの"シミ美白"を行う必要があるか?」をはっきりさせないとシミやくすみを改善させる効果的な美白ケアはできないということです。