トップページ >  シミ美白化粧品の選び方 >  シミ美白の有効成分一覧

シミに効く!美白成分一覧表

シミに効く!美白成分の4つの働きと一覧表

美白成分の働きは4タイプ

今あるシミを消したいのか、シミを予防して白肌をキープしたいのか、狙った美白効果が期待できる成分が配合されている美白化粧品を選ぶのが大事です。


美白成分の働きは以下の4つ。
1、紫外線の刺激をメラノサイトに伝える情報を遮断。
2、メラニンが生成されるのを抑制する。
3、メラニンが角質細胞へ受け渡されるのを防ぐ。
4、黒くなったメラニンを還元して色を薄くする。


美白成分の働きを知ると、美白化粧品を見る視点がまたひとつ増えます。シミを防ぐ・できてしまったシミを薄くする成分を知って毎日のケアにいかしましょう。


成分名 働き
アルブチン メラニン抑制
コケモモなどの植物に含まれ、メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを邪魔する作用がある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
エラグ酸 メラニン抑制
イチゴから発見された成分でポリフェノールの一種。アルブチン同様、メラニンの生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを抑える働きがある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
ルシノール メラニン抑制
モミの木に含まれる成分がもとになった美白成分。酵素チロシナーゼと合体し、メラニンの生成を邪魔する作用がある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
ビタミンC誘導体 メラニン抑制 メラニン還元 受渡ブロック
肌が吸収しやすいかたちになったビタミンC。強力な抗酸化作用があり、ニキビの炎症を抑えるのにも有効。酵素チロシナーゼの抑制効果がある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
プラセンタエキス メラニン抑制 メラニン還元
動物の胎盤から抽出され、新陳代謝や血行を活発にするなどさまざまな働きを持つ。酵素チロシナーゼ抑制効果から美白成分としても認められている。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
油溶性甘草エキス メラニン抑制 メラニン還元
甘草(かんぞう)という生薬から抽出される。別名グラブリジン。酵素チロシナーゼの働きを抑制し、還元作用も持っている。消炎、抗菌作用があり、かぶれなどが起きにくいことも特徴。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
ハイドロキノン メラニン抑制 メラニン還元
欧米では長く医薬品として使われてきた成分。メラニンを生成する酵素チロシナーゼの働きを抑制するほか、すでにあるメラニンの色を薄くする還元作用がある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
m-トラネキサム酸 情報ブロック
アミノ酸の一種。メラノサイトを活性化する情報伝達物質プラスミンの邪魔をして、メラニンが作られないようにする。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
リノール酸 メラニン抑制
サフラワー(紅花)油などから抽出される成分。メラニンを作る酵素チロシナーゼを分解する働きがある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
カモミラET メラニン抑制 情報ブロック
カモミールの葉を原料とする美白成分。情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラニンを生成する細胞・メラノサイトの増殖や働きを抑える働きがある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
t-AMCHA 情報ブロック
大豆や卵黄から抽出される成分。メラノサイトに指令を出す情報伝達物質プロスタグランジンやプラスミンの生成を邪魔して、肌の白さを守る働きがある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
コウジ酸 メラニン抑制
味噌やしょうゆを作る麹菌を培養して作られる。酵素チロシナーゼの働きを抑える作用がある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
植物性女性ホルモン様成分 メラニン抑制 メラニン還元
活性酸素を除去したり還元したりする作用から美白にも有用とされる。ダイズエキス、大豆に含まれるイソフラボンなどが代表。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
エナジーシグナルAMP メラニン還元
アミノ酸の一種であるアデノシン一リン酸を肌に吸収されやすいかたちにしたもの。角質層のターンオーバーを促す作用があり、すでにあるメラニンを排出させるのに有効。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ
マグノリグナン メラニン抑制
生薬として使われてきた白モクレンの樹皮「厚朴(こうぼく)」から開発された美白成分。酵素チロシナーゼの活動を抑え、メラニンの生成量を減らす作用がある。
代表的な美白化粧品 詳細はコチラ