トップページ >  シミの種類別の美白方法 >  肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)について

肝斑(かんぱん)に効く美白化粧品は?

女性特有のシミとしてすっかり定着したのが肝斑(かんぱん)です。ストレスや妊娠など女性ホルモンに誘発されるほか、スキンケアによる刺激でも悪化するといわれています。



境界のはっきりしないモヤモヤした淡い茶色のシミが両頬や口のまわりに左右対称にあらわれるのが特徴で一見するとくすみのように見えます。



他のシミに比べて進行が早く、紫外線の影響を受けやすいため早めの美白とUVケアが重要になります。



肝斑(かんぱん)が原因のシミに効く美白化粧品ランキング BEST3

ビーグレン QuSomeホワイト
ビーグレン シミ・くすみ・美白セット

あらゆるタイプのシミを漂白させるハイドロキノンは皮膚科での肝斑(かんぱん)治療に使用されることもあります。ビーグレンは医薬品並みの効果が実証されています。
価格:1,944円 送料:無料

資生堂 HAKU
資生堂 HAKU

肝斑(かんぱん)に効くトラネキサム酸を美白有効成分として配合。人気の美白美容液。

メラノフォーカスCR
アンプルール
アンプルール

ハイドロキノンとビタミンC配合の2つの美白成分が肝斑&混在する他のシミにも効果大!

ラグジュアリーホワイト HQトライアルキット

肝斑(かんぱん)に効く美白はこれが正解!!

肝斑(かんぱん)に効く美白はビーグレンがおすすめ!

皮膚科では肝斑(かんぱん)の治療は、トラネキサム酸とビタミンCの内服薬、それから塗り薬としてハイドロキノン配合のクリームをもらうことが多いです。

肝斑そのものはトラネキサム酸で治すことができますが、肝斑ができる体質の方は、紫外線が原因のシミが混在していることも多いので、シミひとつない透明感ある肌を目指すならハイドロキノンは必要不可欠なんですね。

ビーグレン(b.glen)がおすすめなのは、そんなハイドロキノンを特許処方でナノカプセル化して浸透力を高めているだけでなく、ハイドロキノン特有の肌への刺激を減らして肌にやさしく、美白効果を引き出してくれるからです。

できてしまった肝斑はもちろん、その他の原因でできたシミやソバカスも目立たなくできますから、使って損はない美白コスメだと思います。



化粧品
肝斑のシミにも効果的なハイドロキノン配合!
有効成分を確実に素早く低刺激で届ける浸透技術!
使用後でも365日返金OK!勧誘の電話もありません!

特集!当サイトで人気がある注目記事を<PICK UP!>

シミを薄くしたい!

シミを薄くしたい!方へ

できてしまったシミを薄くしたい!消したい!そんなニーズに応えてくれる 美白化粧品を紹介しています。副作用なくハイドロキノンの効果を実感できるものを選びましょう。

美白美容液ランキング Best3

美白美容液ランキング Best3

美白コスメといえば美白美容液!ライン使いは無理だけど、1点だけ美白アイテム を付け加えるとしたら有効成分を凝縮している美容液がおすすめです。1番人気の美容液は?


紫外線によるシミ対策

紫外線によるシミ対策

紫外線を浴びてきた量が多く、期間が長い人ほどシミができる年齢は早いです。できてしまったシミのケア、シミを増やさない、大きくしない、濃くしない美白ケアとは?

肌のくすみ・クマ対策

肌のくすみ・クマ対策

透明感ある白肌はいくつになっても憧れ。寝不足でもないし、疲れてもいないのに 肌くすんだり、クマが消えないという人は何か別の要因で肌が透明感を失っているのかも?